So-net無料ブログ作成
検索選択

「希望」を携帯する [ライフレッスン]

<一志不退>(いっしふたい)

「自分はこういう人生を送りたい」。志をしっかりともつこと。志を立てたら、けっしてそこから引かないこと。他人の意見に惑わされたり、一時の欲望に迷うことなく、わが志と共に歩み続けること。それが「一志不退」の意味です。

 人間の一生は、限られた時間の中にあります。それは永遠に続くものではなく、いずれは終わりのときを迎えます。その与えられた一生をどのように過ごすか。人生において何を成し遂げるか。それは、自分自身で考えるべきことなのです。
 よく「志を高くもとう」などという言い方をします。志に高いも低いもないと、私は思っています。自分自身が決めた志であれば、どんなものでもかまわない。周りの人に優しくしようということでもいいし、しっかりと家庭を守るという志でもかまわない。大切なことは、それに向けて一生懸命努力すること。その努力こそが、未来への希望となります。つまり希望というのは、はじめからそこにあるものではなく、自らの心が喜んでいくもの、自分自身が見つけ出していくものなんです。
 希望の裏側には、絶望があります。いくら志をもっていたところで、もはやそれを実行することさえできない。でも、そこで絶望してはいけない。あきらめてはいけない。一人ひとりの人間には、ものすごい能力が備わっています。その能力を信じて、前に進むこと。希望がないと嘆く人というのは、転じていえば自信を失っている人のことです。長い人生ですから、時に自信を失うこともあるでしょう。しかし、どんな状況になっても、希望がまったくないという人生などありません。なぜなら、あなたが今そこにいるということ自体、生きたいという希望が叶っているのですから。

zennokotoba2.jpg

今回より、「禅の言葉」 枡野俊明著 大和書房から言葉を紹介します。
あらためて禅の言葉を読んでみると、スピリチュアルそのままですね。海外で禅が人気がある理由がそこにあるでしょうね。
言葉のあとがき説明は量があるので、紹介すべきか迷ったのですが、意味をよく知るためには必要かと思い、一緒に掲載することにしました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

海馬のWak・Wak・world
QRcode.jpg