So-net無料ブログ作成
検索選択

スイングシューズ [ダンス]

いつもスイングのレッスンではジャズダンス用のシューズを使っています。もともとサルサを始めたときに購入したものです。サルサにはちょうど良かったのですが、スイングになると横滑りがしにくいというのが難点なのです。

国内ではなかなかスイング用のシューズが売ってなくて、仕方なしにネット通販でアメリカから購入しました。靴が70ドル、送料が30ドルくらいと聞いていたのですが、まったくその通りでした。こうして海外から直接購入できるなんて便利になりましたよね。注文してから1週間で届きました。ラスベガスから届いたのですが意外に早かったです。

いざ手にしてみると、ちょっと安っぽい感じです。デザインと色が違うだけで、これなら社交ダンス用のラテンシューズの一番安い靴と変わりない・・・という印象です。底の仕上げがまったく同じでした。
作りは雑な感じがあって、日本製の方がしっかりしていますね。練習用に使うもので、そう長く使えるものではなさそうです。

やっぱり質感がわからないというところが通販の難点ですね。
まあ、一番心配していたサイズがぴったりだったのは良かったです(^^)。(余裕があるサイズだと思ったのにぴったりだったのも意外でした)


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

自分を取り戻す [ライフレッスン]

Lesson1 自分の人生を他人まかせにしないこと

<あなたが、自分自身の内にあるものより、外にあるものや他人をより大切にしてしまう時、他人まかせにしてしまったことになります>

自分自身が誰であり、何者であるかに価値を置かないならば、外の世界から価値を借りてくるしかなくなります。自分よりも知っている、あるいはより多くもっていると思える人々からの評価を捜し求めるようになるのです。
しかし、必要なものはすべて自分の内にあり、誰もあなたの歩むべき道や目的について、あなたほど知っている者はいないのです。外界の権威からくる力は、どんなものでもいずれはあなたの目の前で粉々に壊れてしまうから、出発した時よりもさらにひどい気持ちになって取り残されてしまうのです。問題は、「自分の力をゆずりわたしてしまったか」ではなく、「それをどうやったら取り戻せるか」なのです。

※ 今回より「スピリチュアル・レッスン」アラン・コーエン著 ダイヤモンド社より言葉を紹介します。



以前にアラン・コーエンの「人生の答えはいつも私の中にある」を紹介しましたが、この本も私のお気に入りの本です。
本の帯にはこう書いてありました「生きることはなぜ、こんなに疲れるのか――そう思うことがあるなら、あなたは本当の意味では、生きていないのかもしれません」


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

海馬のWak・Wak・world
QRcode.jpg